シロハラホオジロ

今回の鳥はシロハラホオジロです。

ウィッキペディアによると、
分布
アムール、ウスリー地方から中国北東部で繁殖し、冬季は中国南東部への渡りをおこない越冬する。
日本では数少ない旅鳥として渡来する。
日本海側の島嶼部では、主に春の渡りの時期に少数ではあるが毎年記録されている。
その他の地域での記録は少ない。

形態
体長約15cm。雄の夏羽は頭部に白黒の縦筋があり喉も黒い。
体の上面は灰褐色で黒褐色の縦斑がある。腰は赤褐色で、体の下面は白い。
雌は頭側線が褐色で頬は灰褐色、喉は灰褐色である。
雄の冬羽は雌に似ているが、喉が黒褐色であることで区別できる。

生態
明るい林や草地に生息する。
地上を跳ね歩きながら、草木の種子や昆虫類を採食する。
地上や地上付近の低い位置で行動していることが多い
地鳴きは「チッ チッ」だが、渡りの時期はあまり鳴かない。 とあります。

初見初撮りの鳥でしたが、証拠写真にもならない悔いの残る出会いでした。
頭央線は見えたのですが、はっきりと写っている画像が捉えられず来年にリベンジです。
遠くの個体のトリミング画像ですが、出会いの記録としてアップします。
シロハラホオジロ


最後までご覧いただきありがとうございました。

コメント

非公開コメント

プロフィール

totoro

夫婦+柴犬の「きなこ」と一緒に、野鳥観察・撮影や自然散策を楽しみながら、キャンピングカーで全国各地をマイペースで放浪するセカンドライフを送っています。
その生活を一番楽しんでいるのは愛犬の「きなこ」です。(^_-)-☆

カテゴリー