カワガラス

今回の鳥はカワガラスです。

カラスと名がついても「カラス科」の鳥ではなく「カワガラス科」という独立した「科」に分類された鳥です。
色が黒く見えるからカラスの名前がついたのでしょうが、明るい所で見るとこげ茶色の鳥です。
尾をピンと立てている姿はミソサザイを大きくしたようなイメージです。
実際にこの撮影前後にミソサザイを撮ったのですが、撮った画像をパソコンで小さなサムネイル画像の一覧表示で見ていたら、両者の色・形は見分けがつかないくらいに似ていました。

繁殖時期なので子育てが見られるかと思い出掛けたのですが、残念ながらヒナの姿はまだ見られませんでした。
ヒナが孵っているのは間違いがなく、2羽の親鳥が餌をたくさん咥えてきては、滝の裏側にある巣穴に運んでいました。
カワガラス (1)

カワガラス (2)

カワガラス (3)

カワガラス (4)

カワガラス (6)

カワガラス (7)

カワガラス (8)


巣穴への出入りを撮ろうとしましたがうまくいきませんでした。
というのも、巣穴が滝の裏側で見えないため目標を定めにくく、しかもいつ巣穴に出入りするかわからない待ちの撮影では三脚が必要でした。
電車での鳥撮り行でしたので荷物となる三脚は携帯しなかったのです。(元々機動性重視で基本手持ちです)
その代わりに昼時から車では飲めないビールが飲めたので「OK」ということに。(^_-)-☆
カワガラス (5)


最後までご覧いただきありがとうございました。

コメント

非公開コメント

プロフィール

totoro

夫婦+柴犬の「きなこ」と一緒に、野鳥観察・撮影や自然散策を楽しみながら、キャンピングカーで全国各地をマイペースで放浪するセカンドライフを送っています。
その生活を一番楽しんでいるのは愛犬の「きなこ」です。(^_-)-☆

カテゴリー