ルリビタキ

今回の鳥はルリビタキです。

ルリビタキは日本では北海道と本州・四国の高地の林で繁殖し、冬は主として関東地方よりも南の地方の山地か、低い山地の林や樹木の多い平地の公園にもやって来る漂鳥です。
そろそろ高地への移動となり姿が見られなくなりますので、今季最後の出番です。(^.^)/~~~
ルリビタキ (1)

ルリビタキ (2)

ルリビタキ (3)


最後までご覧いただきありがとうございました。

コメント

TAKE-爺

totoroさん、こんばんは!
ここに飛来して来た時よりも、綺麗で素晴らしい男の子になったと
確信できるくらい素晴らしい色合いになりましたね~
こんなに濃いい色になるには3年はかかると言われていますが
寿命は短いのでしょうか?
冬鳥が着実に帰っているのが現実ですが、今年はどんな夏鳥が
楽しませてくれるのかと期待しています。
totoroさんも旅たちの準備中なのでしょうか?

totoro

Re: totoroさん、こんばんは!
TAKE-爺さん、こんばんは!

確かに綺麗な色になるまでに2~3年を要するようですね。
でも寿命は数年のようです。
そのため綺麗な青色のルリビタキに出会うのは稀で、それだけに出会えたら嬉しいですね。
綺麗なルリビタキに出会えた場所に翌年行っても出会えるとは限らず、
また数年振りに綺麗な子が現れたって思うことが多いのもそのためかもしれ前ん。

今年の夏鳥は離島で長期滞在し待伏せしようと考えていたのですが、
犬連れでフェリーに乗れないことが分かり断念しました。
そうなれば、地元の大阪城公園が最も実績があり撮りやすい場所なので動きづらくなりました。
そのあとドッグ健診や車検の予定があるため出掛けても短期に限られます。
久し振りに地元中心で過ごしています。
非公開コメント

プロフィール

totoro

夫婦+柴犬の「きなこ」と一緒に、野鳥観察・撮影や自然散策を楽しみながら、キャンピングカーで全国各地をマイペースで放浪するセカンドライフを送っています。
その生活を一番楽しんでいるのは愛犬の「きなこ」です。(^_-)-☆

カテゴリー