居るところには居るもんだ!

今回の鳥はツクシガモです。

マイフィールドでは珍しい鳥でも、ある所に行けば一杯居てびっくりさせられるってことは度々あります。
ツクシガモは九州に行ったときに出会えたらいいなと思っていたカモです。
福岡県の河口干潟で10数羽見た時でも「沢山いるな~、見られてラッキー!」と思っていました。
場所が変わり佐賀県の干拓地を訪れた時、その数にびっくり!、数百羽ものツクシガモが羽を休めていたのです!!
それが何かの拍子で一斉に飛び立つことがあったのです。
暫く干拓地の上を大群で飛び回りまた降りてくるのですが、群れが飛び回ったことでその数の多さを実感!。
鳥の渡りの姿ってなかなか実感することが少ないのですが、こうして大群で飛んでいる姿を見て実感できました。

福岡県の河口干潟では採餌の様子が見れました。ただ揃って下を向いている姿ばかりで少し残念・・・。
ツクシガモ (1)

ツクシガモ (2)


佐賀県の干拓地では沖の波間に沢山のツクシガモが他の鳥たちと混ざって羽を休めていました。
猛禽が来るのでしょうか、何かに驚いて他の鳥たちと一斉に飛び立った時に、あっという間に空中で種類別にまとまってそれぞれの大群を作るところが面白いと思いました。
沖の方まで入り混じって羽を休めている水鳥の大群の数を種別に数を数えようとしても、こうでもならないと分からないだろうな~・・。
それにしても「居るところには居るもんだ!」。ツクシガモ、その数数百羽!。
ツクシガモ (3)

ツクシガモ (4)

ツクシガモ (5)


最後までご覧いただきありがとうございました。

コメント

TAKE-爺

totoroさん、こんばんは!
我が故郷(福岡)にも捨てたものではありませんね~
最近の九州はヤマセミなどを毎日UPしている人が
何人かいますが野鳥の宝庫ではありませんか?
今度帰省した時は十分に楽しんでみたいものですね~
ところで「カモ」の種類は多いですが、
また未見のカモさんを見せていただきました。

totoro

Re: totoroさん、こんばんは!
TAKE-爺さん、こんばんは!

福岡が故郷なんですね~! 間違いなしに良い所ですよ!!
日常出会えない鳥を見にどうしても足を向けてしまうのが、南北の端にあたる九州と北海道です。
どちらとも本州の人間にとっては野鳥の宝庫ですよ!!。
両方とも大陸に近い分、野鳥の行き来が多いのでしょうね。
帰省された時は十分に楽しんで下さい。
またブログでも披露して下さい。

私も未見のカモがまだ多数います。
それらの多くは寒い北国のカモなので冬の北海道や東北に行かなければなりません。
元気なうちにしか行けないので考えなくっちゃ・・・。
非公開コメント

プロフィール

totoro

夫婦+柴犬の「きなこ」と一緒に、野鳥観察・撮影や自然散策を楽しみながら、キャンピングカーで全国各地をマイペースで放浪するセカンドライフを送っています。
その生活を一番楽しんでいるのは愛犬の「きなこ」です。(^_-)-☆

カテゴリー