ニシオジロビタキ

今回の鳥はニシオジロビタキです。

今回の鳥は一見してオジロビタキだと思いましたが、念のため識別図鑑で調べてみました。
結果的には「ニシオジロビタキ」でした!。
ニシオジロビタキは下嘴は齢・性を問わず山吹色、オジロビタキの嘴は黒色です。(下嘴基部が淡い個体も稀にいる)
ニシオジロビタキの上面は褐色味が強く、オジロビタキは灰色味が強い。
この特徴を見ていたら過去にオジロビタキと思っていたものが全てニシオジロビタキだった様な・・・。

日本に来ている多くはニシオジロビタキでオジロビタキはごく稀な飛来にとどまっているようです。
オジロビタキは「日本鳥類目録改訂第7版」に掲載されていますが、ニシオジロビタキは検討種とされているため、一般的にはオジロビタキが飛来していて、ニシオジロビタキはごく稀に飛来しているのだと勝手に思い込んでいました。
実態は逆なので認識を変えなければなりません。(過去の投稿記載の修正も必要になってきました。(;^ω^))

ということでニシオジロビタキです。尾をピンと立てているところが可愛いですね。
ニシオジロビタキ (1)

ニシオジロビタキ (2)

ニシオジロビタキ (4)

ニシオジロビタキ (5)

ニシオジロビタキ (6)

ニシオジロビタキ (3)


最後までご覧いただきありがとうございました。

コメント

TAKE-爺

totoroさん、こんばんは!
認識が変わりました・・
私もオジロビタキと思って撮ったのが何回かありましたが、totoroさんのブログを見て全てニシオジロビタキだった様な気がします。一度見ていただけたらと思います。こちらでは武蔵の公園でニシオジロビタキが来たと大騒ぎしていましたが、私は大勢いるのが嫌いで行っていません。

totoro

Re: totoroさん、こんばんは!
TAKE-爺さん、こんにちは!

私も識別図鑑を見て判断しているだけなので・・・。
主に、「日本の野鳥識別図鑑」と「比べて識別!野鳥図鑑670」を使っています。

武蔵野公園のニシオジロビタキは連日賑わっているようですね。
この鳥は大阪城公園で撮ったものですが、
大阪城公園にはここ数年、毎年のようにやってきています。
越冬しているのでいつでも見られる鳥になっていおり、
カメラマンも特に集まっていることもありません。
この時も私一人でした。
非公開コメント

プロフィール

totoro

夫婦+柴犬の「きなこ」と一緒に、野鳥観察・撮影や自然散策を楽しみながら、キャンピングカーで全国各地をマイペースで放浪するセカンドライフを送っています。
その生活を一番楽しんでいるのは愛犬の「きなこ」です。(^_-)-☆

カテゴリー