チョウゲンボウ

今回の鳥はチョウゲンボウです。

九州放浪時のことです。(長崎県 1月)
チョウゲンボウが飛んでいる!。コチョウゲンボウの情報があった場所ですので気になります。
目につくところを飛んでいたのはメスばかりでしたが、同時に3個体いることは確認できました。
チョウゲンボウとコチョウゲンボウのメス同士はよく似ています。
私には飛んでいる状況での識別は無理です。で、飛翔姿を撮影してみましたが全てピンボケ!。
直後にハイチュウ成長オスが現れたため関心はそちらへ・・・、で、そちらも結局姿を消しダメでした。

今回はその時の画像を確認整理していて、チョウゲンボウとコチョウゲンボウの識別でチェックしたことを書いてみます。
今回で出会ったチョウゲンボウです。この個体はメスの幼鳥だと思います。
尾羽の横班が細く数が多いことからチョウゲンボウだと思います。コチョウゲンボウの横班は太くて数が少ない。
背中の褐色班が太く、頭や尾の灰色味がないのでメスの幼鳥だろうと思いました。
チョウゲンボウ (1)

チョウゲンボウ (2)

チョウゲンボウ (4)

木に止まっていたのは同一個体かはわかりませんが、やはり尾羽の横班が細くて多いチョウゲンボウでした。
チョウゲンボウ (5)


なぜ識別にこだわったのか!?、それは、その日の夕刻近くに遠くの木にコチョウゲンボウのオスが止まっているのを確認したからです。
やはり居たんだ!!。と言っても証拠の画像が撮れなくてはどうにもならない。
止まっている木はものすごく遠い距離、おまけに霧まで出てきては、豆鉄砲の拡大画像で証拠になるかどうか?。
等倍にまで拡大しましたが、やはり証拠写真にもならず・・・・、お恥ずかしい(/ω\)。

コチョウゲンボウ? (2)

コチョウゲンボウが居たのなら、適当に撮っていた飛翔写真の中にメスのコチョウゲンボウが混じっている可能性が・・・。
これなんか、尾羽の横班が太くて数が少ないような?・・・ひょっとしてな~んて。
そんな思いで識別を念入りにしている次第ですが、やはりピンボケではどうしようもありませんね。(;^ω^)
コチョウゲンボウ? (1)


最後までご覧いただきありがとうございました。

コメント

非公開コメント

プロフィール

totoro

夫婦+柴犬の「きなこ」と一緒に、野鳥観察・撮影や自然散策を楽しみながら、キャンピングカーで全国各地をマイペースで放浪するセカンドライフを送っています。
その生活を一番楽しんでいるのは愛犬の「きなこ」です。(^_-)-☆

カテゴリー