トモエガモも存在感を失う

今回の鳥はトモエガモです。

トモエガモは多彩な羽色を持ち決して地味な存在ではないのですが、今回は現れた場所がまずかった。
昨日投稿のオシドリを撮っているとき、何百羽というオシドリの大群の中に1羽のトモエガモが混じっているのを発見しました!
オシドリは見飽きるほどいるので1羽のトモエガモを撮ることにしました。(鳥取県 2月)

さすがにオシドリの大群の中では、トモエガモの全身を撮ろうとしてもタイミングを計らねばなりません。
トモエガモ (1)


で、撮っては見たものの周りがオシドリばかりでは、華やかさは1歩も2歩も後れを取っています。
ならばと動きなあるシーンをと・・・。
トモエガモ (2)

トモエガモ (3)


う~ん、やはり、いつもトモエガモを撮っている時の感覚とはちがうような・・・?
いつもは他のカモが写っても引き立て役でした。今回はどうも分が悪い・・・・。
で、泳ぎだしたもののやはり周りはオシドリだらけ。エスコート役のほうが目立ってしまいます。
トモエガモ (4)


このままでは終われないので、抜け出した所をパチリ。
やっと、トモエガモ本来の姿が見てもらえる。
トモエガモ (5)

暫く撮影した後目を離しました。一度見失ったら今度は見つけられませんでした。意外と似ているのかも・・・?。

最後までご覧いただきありがとうございました。

コメント

TAKE-爺

totoroさん、おはようございます!
我々の所では珍鳥扱いのトモエガモも
存在感もなくすっかり形なしですね~
やはりオシドリのカラーリングは
圧倒感があるのでしょうね?
この数に、また驚かされました。

totoro

Re: totoroさん、おはようございます!
TAKE-爺さん、こんばんは。

トモエガモも周りが他の種類のカモだけでしたら、
もっと一生懸命に撮っていたことと思いますが・・・。
やはりお腹が一杯の時には、更においしいものが出てきてもありがたみが半減で、
やはりお腹が空いているときに出して欲しいですね。

でも今シーズンはトモエガモとはよく出会いがありました。
非公開コメント

プロフィール

totoro

夫婦+柴犬の「きなこ」と一緒に、野鳥観察・撮影や自然散策を楽しみながら、キャンピングカーで全国各地をマイペースで放浪するセカンドライフを送っています。
その生活を一番楽しんでいるのは愛犬の「きなこ」です。(^_-)-☆

カテゴリー