ホシムクドリ

今回の鳥はホシムクドリです。

九州を周っているときのことでした。
妻が「電線に止まっている鳥はコクマルガラス(暗色型)じゃないの?」と1羽の鳥を指差しました。
私は「コクマルガラスより小さいし、くちばしが違うよ!」と言いつつも、鳥の正体が気になりました。
確かめに近寄ってみるとホシムクドリでした!。「へ~っ」、昨年の九州以来で久しぶりだ~!。
普段あまり見かけない鳥ですが、九州では群れで飛んでいるのを見かけます。

光沢のある羽は全体的に黒くみえますが、光の加減で美しい模様を反射することがあります。
逆光空抜けでしたので色が出難く、飛ばれないように場所を変えながら見え方を探りました。
時々綺麗な羽模様を光らせるのですがうまく撮れませんでした・・・。
ホシムクドリ (1)

ホシムクドリ (2)

ホシムクドリ (3)

ホシムクドリ (6)


飛ばれましたが向かった先は近くの樹木の中です。
その日は大変風が強く、20羽以上のホシムクドリが樹木の中に潜んで羽を休めているようです。
近寄っても全く姿は見えなくなりますが、時折出てきては近くを飛び回っていることがわかりました。
普段見かけない鳥も、「居るところには居るだ!」と改めて感じました。
ホシムクドリ (4)


最後までご覧いただきありがとうございました。

コメント

TAKE-爺

totoroさん、こんばんは!
ムクドリにも珍種があるのですね~
ホシガラスを一回り小さくしたような姿が
憎きムクドリも可愛くてしかたありませんね~
ありがとうございました。

totoro

Re: totoroさん、こんばんは!
TAKE-爺さん、おはようございます。

「ホシガラスを一回り小さくしたような姿」と言われれば
確かに似ていますね。
この時はコクマルガラスを捜し歩いていましたので、
黒い鳥でも関心が向いたのですが、
普通でしたら見過ごしていたかもです。
非公開コメント

プロフィール

totoro

夫婦+柴犬の「きなこ」と一緒に、野鳥観察・撮影や自然散策を楽しみながら、キャンピングカーで全国各地をマイペースで放浪するセカンドライフを送っています。
その生活を一番楽しんでいるのは愛犬の「きなこ」です。(^_-)-☆

カテゴリー