• 名残の桜にセンダイムシクイ舞う
    今回の鳥はセンダイムシクイです。10数羽のセンダイムシクイの群れが、名残の桜の周りでひとしきり舞ってくれました。賑やかだった囀りも遠ざかって行きます。センダイムシクイが群れで行動しているのを見たのは初めてです。生態は「群れは形成せず単独かペアで生活する」とありますが、・・・???。渡りは別なのでしょうか?。それとも珍しいものを目撃したとか・・・?。繁殖地に向かって急ぐ夏鳥達がどんどんと通過していき...
  • オオムシクイ
    今回の鳥はオオムシクイです。未だに昨年の10月下旬~12月中旬の鳥撮り放浪を振り返って投稿を続けていますが、目ぼしい題材がなくなってきました。年を越えたましたが、今更ながらの10月下旬頃の画像に戻り、オオムシクイを出すことにしました。全身が撮れたカットが少なく、おまけに葉っぱの陰の中で真っ暗に写っていたため、未投稿種の題材ながら没にしていました。画像整理中、RAWで撮っており露出補正で何とか見られるところ...
  • キマユムシクイ
    約一ヶ月半強の放浪の旅から12月13日に自宅に戻ってまいりました。留守中にも関わらずブログ訪問を頂いていた皆様に御礼申し上げます。ありがとうございます。まずはその間訪問できなかった皆様方のブログ訪問に専念し、遡って拝見させていただきます。また拙いブログですが再開と久々の更新をさせていただきます。今回の鳥はキマユムシクイです。キマユムシクイは少ない旅鳥なのであまり見る機会がなく、今回の出逢いが2回目でし...
  • センダイムシクイ
    今回の鳥はセンダイムシクイです。夏鳥の渡りは順調のようですね。都市公園でもキビタキとオオルリは毎回出てくれますし、昨日はクロツグミやヤブサメやコルリにも出逢いました。飛び回る鳥としてはやはりオオルリやキビタキが人気の鳥の様で、大勢のカメラマンに追い回されています。しかし、皆さん横でセンダイムシクイが囀っていても関心を止める人は僅かな人のみです。木の葉の色の中に溶け込み、良く動き回るために、探しにく...
  • エゾムシクイ 「北海道にて 13」
    秋の渡りで賑わっている時期ですが、6~8月に旅した「北海道の思い出画像」のアップを続けています。今回の鳥はエゾムシクイです。エゾムシクイの識別を調べている間に、素朴な疑問が浮かび調べたことをご紹介します。鳥の名前の頭に「エゾ」や「シマ」が付くことがありますが、それらは「北海道」を意味することは知っていました。しかし北海道のみに生息しているわけでもなく・・・名前の付け方にどんな意味があるのかな?・・...
  • センダイムシクイ
    今回の鳥はセンダイムシクイです。ムシクイの仲間を種を特定して出すのはいつもためらいますが、今回は鳴いていたので間違いありません。(^_-)-☆鳴声を聞かずに写真だけで見分ける方法があれば知りたいです。ということで今季初見の「センダイムシクイ」です。(*´ω`*)このブログは図鑑的な感じになるように、種別のカテゴリーでアップしています。種の仕訳に自身のないものは掲載を避けがちとなります。特に新しく分類されたオオ...
  • ライファー、「チフチャフ」!
    今回はチフチャフです。最近、関西圏の野鳥ブログに度々「チフチャフ」なる野鳥が登場するようになりました。あまり聞かない名前です。迷鳥でまだ見たこともありませんでした。場所を明かしているブログが有ったので、早速行ってみました。現地の近くにさえ辿りつけば、大抵何とかなるものです。コツは鳥を探すのでは無くカメラマンを探す!(^_^;)着いた時には十数人、出るのを待っている間に30人ほどになっていました。やっと出ま...
  • センダイムシクイ
    北海道を旅行中の投稿No31です。今回はセンダイムシクイです。この画像は6月のものです。水場に現れたセンダイムシクイです。センダイムシクイとエゾムシクイが混じって出ていました。後で画像だけを見ても分かると思っていましたが、沢山撮った後での分類が怪しくなってきました。特に前後の繋がりを見ずに、単独の1枚だけを見ていると分類が怪しくなってきます。この時にいい加減に分類してしまうと、分類後のフォルダーを...
  • キマユムシクイ
    今回はキマユムシクイです。初見初撮りです。さえずっていても元々聞いたことがないため分かりませんが、よく知った人が教えてくれました。キマユとあるので眉に特徴があると思ったのですが、翼に2本の翼帯があるのが目立つ特徴のようです。高いところの高速移動で証拠画像しかとらせてもらえませんでしたがライファーなのでアップします。昨日から旅に出ており、予約投稿しております。ブログの確認、コメントの返信ができないか...
  • センダイムシクイ
    今回はセンダイムシクイです。夏鳥の到着とともにセンダイムシクイの声も聞こえるようになってきました。鳥の鳴き声は。シーズン初めの頃は「何の鳥だったかな?」といつも言っている気がします。それでもシーズンの終わりの頃には、覚えて直ぐに反応できるようになってきます。残念ながら、シーズンが終わり、再びシーズンが訪れた時にはまたすっかりと忘れて、最初から覚え直しです。年をとったから?いや、私だけではないと思い...

プロフィール

totoro

夫婦+柴犬の「きなこ」と一緒に、野鳥観察・撮影や自然散策を楽しみながら、キャンピングカーで全国各地をマイペースで放浪するセカンドライフを送っています。
その生活を一番楽しんでいるのは愛犬の「きなこ」です。(^_-)-☆

カテゴリー