RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

訪問いただきましてありがとうございます。

訪問して頂きましてありがとうございます。
折角訪問をいただいたのですが、あいにくですが休眠状態が続いています。
鳥撮り放浪記での日々の訪問履歴も確認できておりません。
ごめんなさい。

最近は風景写真がメインで野鳥写真を撮る機会が減ってしまいました。
風景写真を中心とした別館ブログ 『気ままでごめん!』 で活動を継続しています。
以前から訪問いただいていた方々のブログへは「気ままにごめん!」の「旅・からす」で訪問させていただいています。
よろしくお願いいたします。

尚、鳥撮り放浪記は私の出会いのライフリストになっていますので、記録とし残しておきます。
新たな出会いがあれば更新いたしますが、その際は「気ままでごめん!」との両方で投稿したいと思っています。
スポンサーサイト

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます
今年もよろしくお願いいたします

富士山と日の出

暫く休止させていただきます。

暫く休止させていただきます。

いつも訪問ありがとうございます。
折角訪問をいただきましたが、ブログ更新を怠っております。
この状態が続いていますので、訪問いただいた方に申し訳がなく、暫くの間の休止を報告させていただくことにしました。

鳥撮りをやめたわけではありませんが、結果的に近い状況になっています・・・。

今年は自分の苦手分野のシギ、チドリ、カモメ類に手を付けようと試みました。
それらを撮りに行っても苦手は克服できずに、識別がままならないままでした。
識別に当たって見慣れていないため、大きさの違いとか動きや動作の特徴なども分かっていませんでした。
夏と冬で大きく装いを変えるためその違いや、同じ群れの中でも個体差がかなりあることも知りました。
同じ鳥なのか別の鳥なのかも分からない始末です。

その都度、帰宅後に撮った画像と図鑑とを見比べながら調べようとしてして、撮影だけは続けました。
長期間の旅行が多いので旅行中に大量の画像データが溜まっていくばかりでした。
識別点をしっかりと確認できる時を外したら、後で写真を見ていても分からないものはやはり分からないですね。
自宅に戻ってから大量の同じような画像を見ても、その時の状況も思い出せなくなり、余計に分からなくなりました。

一度迷ったものは、大抵後日に識別し直すと、日替わりで識別結果が変わってしまうってことも・・・。
そうして循環ループに迷い込み、ちっとも前に進めないという訳です。

ライフリストのみ、一応自己流仕分けで更新しているため、その分未投稿が増加しています。
いずれは何とかしたいのですが・・・、暫くの休止と相成りました。


そんなこともあり、
2017年10月から別館ブログ【気ままでごめん!】を開設し現在はそちらをメインに活動しています。
撮ってきたものを勝手気ままに投稿するだけのずぼらな写真ブログですがよろしければ覗きに来てください。

尚、同じFC2ブログですので管理上、管理者名は変えております。
これまで「鳥撮り放浪記」に履歴を残してくださった方には、「気ままでごめん!」の履歴で訪問させていただきます。

久し振りのヤマセミ

追記しました。2017_11_12
訪問ありがとうございます。また暫く旅に出ます。(*´ω`*)。
これまでもあまり更新できていませんでしたが、毎度のことで暫く休止します。
暫くブログ訪問はできません。残念です・・・!(>_<)
帰宅再開後はまたよろしくお願いいたします。m(_ _)m

※別館ブログ ⇒ 『気ままでごめん!』 の方は10日間ほど予約投稿を続けます。


今回の鳥はヤマセミです。

ヤマセミは私の撮りたい鳥の上位に位置する鳥ですが・・・。
旅先で川筋に沿って飛び去る姿は何度か見かけてもなかなか撮ることが叶わない鳥でした。

九州を旅しているときに、雨天のため移動を控えて道の駅の駐車場で留まることにしました。
道の駅の裏に川があったので、駐車場の川岸に近くに車を停め中から川岸を観察していました。
観察の結果2羽のヤマセミが定期的にやって来て、数か所止まる場所が分かってきました。
こんなに便利なところで出逢えるなんて!。
地元ではありませんが、九州はよく来ている場所です。良い立ち寄り先が見つかりました(^_-)-☆
(と言っても遠く、トリミングした証拠画像ですが(*´ω`*)

ヤマセミ2017 (1)

ヤマセミ2017 (2)

ヤマセミ2017 (3)

ヤマセミ2017 (4)

ヤマセミ2017 (6)

ヤマセミ2017 (5)


最後までご覧いただきありがとうございました。

タンチョウ

今回の鳥はタンチョウです。

8月に北海道で撮影したものです。
今年は北海道への出発が出遅れ、毎年のルートをショートカットし軽く一巡したのみだったこともあり、あまり良い出会いがありませんでした。

例年、親子連れのタンチョウが見られた場所でも、今年は子連れではなく成鳥2羽のみでした。
飛翔写真は、車で走行中に飛び立ちそうなタンチョウを見つけあわてて停止し、運転席から助手席の窓越しに撮影した物のみです。
飛翔写真は過去から良いカットは撮れたことがなく、年賀状に使えそうなカットが撮れればな~って思うばかりです。

タンチョウ2017 (3)

タンチョウ2017 (1)

タンチョウ2017 (2)


最後までご覧いただきありがとうございました。
≪前のページ≪   1ページ/169ページ   ≫次のページ≫

ブログの説明

野鳥との出逢いの記録です
撮影した野鳥を「目・科・種名」で 分類しメニューとしました。
まだ未投稿の物も含みます
分類は 日本鳥類目録改訂第7版 に従っています。

プロフィール

totoro

Author:totoro
夫婦+柴犬の「きなこ」と一緒に、野鳥観察・撮影や自然散策を楽しみながら、キャンピングカーで全国各地をマイペースで放浪するセカンドライフを送っています。
その生活を一番楽しんでいるのは愛犬の「きなこ」です。(^_-)-☆

愛犬 柴犬「きなこ」の部屋

愛犬の「きなこ」とはいつも一緒です
「きなこ」のアルバム部屋を作りました
※現在アルバム一覧で子犬編・屋内編・屋外編・旅情編の4編に分けていますが、思い付きで改変します
※アルバムの年月は一括登録しており撮影時期とは異なります
taitoru.jpg >>「きなこ」のアルバム入口

カレンダー

<< 12
2018
>>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近の記事

記事検索

最新コメント

月別アーカイブ

勝手にリンクしています

このブログをリンクに追加する
※当ブログはリンクフリーです

カテゴリ

「日本鳥類目録改訂第7版」によるカテゴリ分類です
キジ目・キジ科 (11)
エゾライチョウ (1)
ライチョウ (1)
ヤマドリ (2)
キジ (7)
カモ目・カモ科 (61)
サカツラガン (1)
ヒシクイ (2)
マガン (4)
ハクガン (2)
コブハクチョウ (2)
コハクチョウ (5)
オオハクチョウ (1)
ツクシガモ (3)
オシドリ (7)
オカヨシガモ (1)
ヨシガモ (2)
ヒドリガモ (2)
アメリカヒドリ (2)
マガモ (3)
カルガモ (3)
ハシビロガモ (1)
オナガガモ (1)
シマアジ (2)
トモエガモ (3)
コガモ (1)
ホシハジロ (1)
メジロガモ (1)
キンクロハジロ (1)
スズガモ (3)
シノリガモ (0)
ホオジロガモ (1)
ミコアイサ (2)
カワアイサ (2)
ウミアイサ (1)
コウライアイサ (1)
カイツブリ目・カイツブリ科 (8)
カイツブリ (1)
カンムリカイツブリ (5)
ミミカイツブリ (1)
ハジロカイツブリ (1)
ハト目・ハト科 (7)
キジバト (1)
アオバト (6)
コウノトリ目コウノトリ科 (1)
コウノトリ (1)
カツオドリ目・グンカンドリ科 (0)
オオグンカンドリ (0)
カツオドリ目・カツオドリ科 (3)
カツオドリ (3)
カツオドリ目・ウ科 (3)
ウミウ (1)
カワウ (2)
ペリカン目・サギ科 (18)
サンカノゴイ (1)
ヨシゴイ (3)
ミゾゴイ (2)
ゴイサギ (1)
ササゴイ (2)
アマサギ (1)
アオサギ (2)
ダイサギ (1)
チュウサギ (1)
コサギ (3)
クロサギ (1)
ペリカン目・トキ科 (4)
ヘラサギ (2)
クロツラヘラサギ (2)
ツル目・ツル科 (18)
ソデグロヅル (1)
カナダヅル (2)
マナヅル (3)
タンチョウ (6)
クロヅル (3)
ナベツル (3)
ツル目・クイナ科 (9)
クイナ (2)
ヒクイナ (3)
バン (2)
オオバン (2)
カッコウ目・カッコウ科 (5)
ホトトギス (0)
ツツドリ (1)
カッコウ (4)
アマツバメ目・アマツバメ科 (1)
ハリオアマツバメ (0)
アマツバメ (1)
チドリ目・チドリ科 (12)
タゲリ (4)
ケリ (5)
ムナグロ (0)
ダイゼン (0)
ハジロコチドリ (0)
コチドリ (1)
シロチドリ (1)
メダイチドリ (1)
オオメダイチドリ (0)
チドリ目・ミヤコドリ科 (3)
ミヤコドリ (3)
チドリ目・セイタカシギ科 (1)
ソリハシセイタカシギ (1)
チドリ目・シギ科 (19)
オオジシギ (5)
タシギ (3)
オオハシシギ (0)
オグロシギ (0)
オオソリハシシギ (1)
コシャクシギ (1)
チュウシャクシギ (1)
ダイシャクシギ (1)
ホウロクシギ (0)
ツルシギ (1)
アカアシシギ (1)
コアオアシシギ (0)
アオアシシギ (1)
クサシギ (0)
タカブシギ (0)
キアシシギ (1)
ソリハシシギ (0)
イソシギ (1)
キョウジョシギ (0)
オバシギ (0)
ミユビシギ (1)
トウネン (0)
ヒバリシギ (0)
ウズラシギ (0)
サルハマシギ (0)
ハマシギ (1)
チドリ目・ツバメチドリ科 (1)
ツバメチドリ (1)
チドリ目・カモメ科 (6)
ユリカモメ (1)
ズグロカモメ (0)
オオズグロカモメ (1)
ウミネコ (0)
カモメ (0)
ワシカモメ (0)
シロカモメ (0)
セグロカモメ (1)
オオセグロカモメ (0)
ニシセグロカモメ (0)
コアジサシ (3)
アジサシ (0)
クロハラアジサシ (0)
チドリ目・ウミスズメ科 (2)
ケイマフリ (1)
ウトウ (1)
タカ目・ミサゴ科 (7)
ミサゴ (7)
タカ目・タカ科 (43)
 タカの渡り(種が混在) (2)
ハチクマ (0)
トビ (1)
オジロワシ (11)
オオワシ (6)
チュウヒ (3)
ハイイロチュウヒ (5)
ツミ (0)
ハイタカ (1)
オオタカ (2)
サシバ (0)
ノスリ (5)
カラフトワシ (2)
イヌワシ (3)
クマタカ (2)
フクロウ目・フクロウ科 (14)
オオコノハズク (0)
コノハズク (1)
フクロウ (3)
アオバズク (1)
トラフズク (2)
コミミズク (5)
ブッポウソウ目・カワセミ科 (10)
アカショウビン (2)
カワセミ (7)
ヤマセミ (1)
ブッポウソウ目・ブッポウソウ科 (4)
ブッポウソウ (4)
キツツキ目・キツツキ科 (40)
アリスイ (8)
コゲラ (6)
コアカゲラ (2)
オオアカゲラ (8)
アカゲラ (10)
クマゲラ (1)
アオゲラ (4)
ヤマゲラ (1)
ハヤブサ目・ハヤブサ科 (16)
チョウゲンボウ (8)
コチョウゲンボウ (0)
チゴハヤブサ (6)
ハヤブサ (2)
スズメ目・ヤイロチョウ科 (1)
ヤイロチョウ (1)
スズメ目・サンショウクイ科 (4)
サンショウクイ (4)
スズメ目・カササギヒタキ科 (1)
サンコウチョウ (1)
スズメ目・モズ科 (12)
チゴモズ (0)
モズ (7)
アカモズ (2)
セアカモズ (1)
タカサゴモズ (1)
オオモズ (0)
オオカラモズ (1)
スズメ目・カラス科 (17)
カケス (5)
オナガ (1)
カササギ (6)
ホシガラス (1)
コクマルガラス (2)
ミヤマガラス (1)
ハシボソガラス (1)
ハシブトガラス (0)
スズメ目・キクイタダキ科 (3)
キクイタダキ (3)
スズメ目・ツリスガラ科 (2)
ツリスガラ (2)
スズメ目・シジュウカラ科 (13)
ハシブトガラ (3)
コガラ (3)
ヤマガラ (3)
ヒガラ (2)
シジュウカラ (2)
スズメ目・ヒバリ科 (5)
ヒメコウテンシ (1)
ヒバリ (4)
スズメ目・ツバメ科 (9)
ショウドウツバメ (2)
ツバメ (5)
コシアカツバメ (1)
イワツバメ (1)
スズメ目・ヒヨドリ科 (8)
ヒヨドリ (8)
スズメ目・ウグイス科 (12)
ウグイス (9)
ヤブサメ (3)
スズメ目・エナガ科 (16)
エナガ (16)
スズメ目・ムシクイ科 (12)
チフチャフ (1)
キマユムシクイ (2)
オオムシクイ (1)
メボソムシクイ (2)
エゾムシクイ (1)
センダイムシクイ (5)
スズメ目・メジロ科 (9)
メジロ (9)
スズメ目・センニュウ科 (8)
マキノセンニュウ (1)
シマセンニュウ (6)
オオセッカ (1)
エゾセンニュウ (0)
スズメ目・ヨシキリ科 (9)
オオヨシキリ (4)
コヨシキリ (5)
スズメ目・セッカ科 (1)
セッカ (1)
スズメ目・レンジャク科 (6)
キレンジャク (2)
ヒレンジャク (4)
スズメ目・ゴジュウカラ科 (5)
ゴジュウカラ (5)
スズメ目・キバシリ科 (6)
キバシリ (6)
スズメ目・ミソサザイ科 (5)
ミソサザイ (5)
スズメ目・ムクドリ科 (13)
ギンムクドリ (2)
ムクドリ (1)
コムクドリ (5)
カラムクドリ (1)
ホシムクドリ (4)
スズメ目・カワガラス科 (3)
カワガラス (3)
スズメ目・ヒタキ科 (152)
マミジロ (2)
トラツグミ (5)
カラアカハラ (2)
クロツグミ (11)
マミチャジナイ (0)
シロハラ (6)
アカハラ (7)
ツグミ (9)
ノハラツグミ (1)
ワキアカツグミ (1)
コマドリ (8)
オガワコマドリ (2)
ノゴマ (9)
コルリ (8)
ルリビタキ (12)
ジョウビタキ (16)
ノビタキ (7)
イナバビタキ (0)
イソヒヨドリ (5)
エゾビタキ (2)
サメビタキ (1)
コサメビタキ (4)
キビタキ (15)
ムギマキ (1)
オジロビタキ (4)
オオルリ (14)
スズメ目・イワヒバリ科 (3)
イワヒバリ (1)
カヤクグリ (2)
スズメ目・スズメ科 (11)
ニュウナイスズメ (5)
スズメ (6)
スズメ目・セキレイ科 (24)
イワミセキレイ (1)
ツメナガセキレイ (4)
キセキレイ (2)
ハクセキレイ (6)
セグロセキレイ (1)
マミジロタヒバリ (1)
マキバタヒバリ (1)
ビンズイ (8)
タヒバリ (0)
スズメ目・アトリ科 (42)
アトリ (4)
カワラヒワ (4)
マヒワ (3)
ベニヒワ (1)
ベニマシコ (11)
オオマシコ (1)
ギンザンマシコ (2)
イスカ (1)
ウソ (3)
シメ (6)
コイカル (2)
イカル (4)
スズメ目・ツメナガホオジロ科 (2)
ユキホオジロ (2)
スズメ目・ホオジロ科 (50)
ホオジロ (6)
シロハラホオジロ (1)
ホオアカ (3)
キマユホオジロ (1)
カシラダカ (2)
ミヤマホオジロ (10)
シマアオジ (2)
ノジコ (5)
アオジ (9)
クロジ (4)
コジュリン (1)
オオジュリン (6)
目録未記載の種・亜種・外来種 (8)
ニシオジロビタキ (4)
ソウシチョウ (1)
ハッカチョウ (2)
カワラバト(ドバト) (1)
番外編 飼育鳥 (3)
【富士花鳥園】フクロウ目・フクロウ科 35種 (1)
【富士花鳥園】フクロウ目・メンフクロウ科 3種 (1)
モモアカノスリ(ハリスホーク) (1)
番外編 野生動物 (7)
エゾリス (2)
エゾシマリス (1)
ツキノワグマ (1)
ナキウサギ (1)
エゾシカ (1)
その他 (31)
MFの野鳥達 (8)
各種の野鳥 (1)
ご挨拶 (19)
未分類 (1)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。